3種類の結婚相手の選び方③

   2017/10/17

こんにちは( ^ω^ )

寒くて寒くて冬がやってきたという感じですね⛄️

皆さんは風邪など引いていないですか?

私の旦那は心配性なので、なんともない時でも予防だと言って風邪薬を飲んでいます😂😂

さて、これまで結婚相手の選び方

①本能のままに選ぶ方法
②打算で選ぶ方法
③愛を重視して選ぶ方法

上記のうち

①本能のままに選ぶ方法
②打算で選ぶ方法

こちらの2つをご紹介してきました。

今日は最後の

③愛を重視して選ぶ方法です。

結婚におけるとは、2人の間に作られていく【信頼・尊敬・感謝・絆】などのことを言うようです。

愛によって結ばれている2人は、結婚してから5年~10年~20年と経っても、いつまでも愛し合う関係が続きます。

恋心は、いづれ冷めます。

性欲も、いづれ衰えます。

容姿も、時間の経過とともに衰えていきます。

打算で結婚すると、利用価値が低下し始めると喧嘩が増えます。

しかし、愛は【信頼・尊敬・感謝・絆】などによって形成されているため、時間の経過とともに、どんどん深みを増していきます。

信頼関係は、長年の関係の蓄積によって培われていきます。

尊敬の心も、時間の経過とともに増えていくことがあります。

感謝の気持ちは、長年の関係の蓄積によって培われていきます。

絆も、2人の思い出が増えていくほど、強固なものになっていきます。

ですから、結婚した後、最終的に男女を繋ぎとめていくのは、【信頼・尊敬・感謝・絆】などのなのです。

それとお金と子供なのでしょう。

もし、夫婦間に愛がなければ、恋心などが冷めてきた後に残っているのは、お金の繋がりと子供だけですから、「経済的な理由や子供のことがあって、離婚できない。」という離婚しないだけの仮面夫婦となってしまうかもしれません。

そのような意味では、2人で一緒にコツコツと、【信頼・尊敬・感謝・絆】などを築いていける相手を、結婚相手として選んでいきたいものですよね。

浮気しない人や、嘘をつかない人とは、夫婦間の信頼関係を築いていきやすいことでしょう。

異性としての外見的な魅力を超え、1人の人間として尊敬できるような相手とは、結婚後にたとえ容姿が衰えてきても、尊敬の心を培っていきやすいことでしょう。

普段から「ありがとう!」などの感謝の言葉を使う頻度が高い感謝の心をもっている人とは、夫婦で感謝し合う関係を作っていきやすいことでしょう。

歩み寄る姿勢がある人や、夫婦関係を大事にしようとする姿勢のある人とは、夫婦の絆を強めていきやすいことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

    • 誰かを幸せにしたいなら…💓

      以前話題だった、『逃げ恥』☺💓 そんな胸に突き刺さる逃げ恥シリーズ! ・ 自分が幸せじゃないと、自分のことでいっぱいいっぱいで他人のことなんて考えてる余裕ないですよね。 […]

    • 大事にするべきもの❤️

      ・ ・ 今を大事に。 今だから見えることもある。 今だから感じられることもある。 今だから解決できるとこもある。 今じゃなきゃ、解決できないこともある。 今じゃなきゃ、分かり合えないこともある。 ・ […]

    • 一番最初に思い浮かぶ人は誰ですか?💓

      あなたは、地震がきて揺れがおさまったときに、誰の顔が1番に浮かんできますか? 何か事件や事故が起きた時、誰の顔が1番に浮かんできますか? 「あの人大丈夫かな?」 と、思い浮かぶ相手の顔は誰ですか? ・ […]

    • 「おかげさま」の心❤️

      ・ ・ 夫が仕事にでて、働けるのは家で食事を作り、掃除をしてくれている妻のおかげ。 妻が家で食事をつくり、掃除ができるのは、外で働いてくれている夫のおかげ。 ・ 帰る家があることの幸せ。 おいしい食事 […]