女性の好むメイクと男性が好むメイクは違う💄〜ファンデーション編〜

 

これまでの、“女性の好むメイクと男性が好むメイクは違う💄”シリーズみていただけましたか?

スキンケアをしっかりして、ご自身にあった下地を塗ってこれで肌作りのベースはファンデーションをつければ完成ですね!!!

 

男性からの印象がいい肌は、透明感があり、ツヤ肌で、もっちりしている、触りたくなるお肌です👧✨✨

マットな肌ですと、塗ってる!という感じがどうしても出てしまうので、ここではツヤ肌を意識した肌作りをしていきます。

 

ツヤ肌になるためのファンデーションは、リキッドファンデーションを使用します。

【リキッドファンデーションとは】

リキッドファンデーションは、油性成分がリキッド(液体)状のファンデーションです。油分が入っているため伸びがよく、肌への密着度が高いのが特徴です。カバー力と保湿力を兼ね備えた製品が多く、カバーをしながらも透明感のある肌づくりに向いています。

油分が多く含まれるため、オイリー肌の人にはあまり向かないと思われがちですが、オイリー肌の方でも下地を崩れにくい系の皮脂を抑えてくれるようなものを使用すればちゃんと使用できます◎

乾燥肌の方には特にオススメしていて、肌が乾燥する場合は、その油分によって外気による乾燥を防いでくれます。冬場の乾燥する季節や空調の効いた部屋に長時間いる人などにもおすすめです。

伸びが良く、肌に密着してカバーしてくれるため、そばかすやシミ、しわなど広範囲の肌悩みも自然に隠せます。

【リキッドファンデーションの使用方法】

リキッドファンデーションの塗り方には3パターンあります。

■手で塗る方法

■スポンジで塗る方法

■ブラシを使って塗る方法

です。

それぞれ塗り方をご紹介していきたいと思います。

■手で塗る方法

【手でつけるメリット

・スポンジやブラシを用意しなくてもよいので、いつでもどこでもメイクできる
・道具を使わないのでコストも抑えられる
・直接肌に触れるため、自分の肌の状態に合わせてメイクできる。例えば、乾燥が気になる時は、ファンデーションに乳液をプラスするなど、臨機応変の対応が可能

【手でつけるデメリット

・手が汚れる

・ファンデーションが浮きやすいため、メイクが崩れやすい
・スポンジなどのように均一に伸ばすことが難しいので、慣れていない人はムラになりやすい

①まず、手の甲にリキッドファンデーションをワンプッシュして出します。

塗っていきながら、足りない分はその都度足していきましょう。

②反対の手の中指でファンデーションをすくいます。

優しく中指で塗っていきます。

③頬の内側から外側にかけて塗っていきます。

基本的に内側をしっかり塗って、外側にかけては薄く伸ばしていくようなイメージです。

内側から外側にかけて塗っていくことで、リンパを流すデトックスマッサージの効果もあるので、小顔効果も期待できる塗り方になっています。

↓内

↓外

内→外に◎

④おでこも横塗りではなく、下から上に塗っていきます。

下から上に塗ることで、シワの中にファンデーションが入り込まないのでシワが目立ちにくくなります。

⑤顎は唇の方から、顎に向かって塗っていきます。

唇から顎に向かって伸ばしていくことで、お顔のリンパマッサージの効果があり、むくみ解消に繋がります。

⑥最後に手の平で顔をハンドプッシュしていきます。

手の熱でファンデーションのなじみを良くする効果があります。

⑦お好みでフェイスパウダーをブラシで顔に軽くのせていきます。

パウダーを塗ることによって、ファンデーションのもちを良くする効果があります。

テカリやすい方は、テカリが気になる部分にだけ軽くパウダーをのせるのもありです◎

⑧パウダーをのせた後にも手のひらで顔を優しく抑え、手の平の熱でファンデーションとパウダーのなじみを良くしましょう◎

■スポンジで塗る方法

【スポンジでつけるメリット

・手が汚れない
・均一に伸ばすことができる
・余分なファンデーションを吸収してくれるので、厚塗りになりにくい。ゆえに、ナチュラルな感じに仕上がるので、メイクも崩れにくい
【スポンジでつけるデメリット

・しっかりオフする必要があり、クレンジングの際の肌の負担が気になる
・定期的にスポンジを洗ったり、交換したりしなくてはならず、ひと手間増える
・リキッドファンデーションを使用の場合、ケースがないので携帯する時に不便
・シミやクマなど気になる部分は叩き込むようにつけるなど、若干のテクニックが必要

①まず、手の甲にリキッドファンデーションをワンプッシュして出します。

塗っていきながら、足りない分はその都度足していきましょう。

②スポンジは一度、綺麗な水で濡らしておいて、軽く絞って使う!

ここが重要ポイントです!

ファンデーションをつける前に、スポンジを濡らしておくことにより、カバー力はそのままで、ナチュラルなツヤ感がでるのです。

プロのメイクさんなら、誰でもやっているてっぱんです!

③濡らしたスポンジにファンデーションをとり、顔にポンポンのせていく

塗るというよりは、優しく叩き込むような感じでのせていくと、よりツヤ感も出て、綺麗な仕上がりになりますよ❤️

つけ方も、内側→外側へつけていきます◎

角があったり、細くなっている部分があるスポンジに関してはうまくくぼみに合わせてまんべんなく塗るアイテムとして活用しましょう^^

④お好みで、軽くパウダーをつける

ツヤ感は少し減りますが、もちは良くなります◎

つけなくも、つやつやな肌が出来上がります✨✨

 

■ブラシを使って塗る方法

【ブラシでつけるメリット

・肌に均一につけることができる

・化粧崩れしにくい

・毛穴も目立たない

・スピーディーに仕上がる

【ブラシでつけるデメリット

・ブラシのお手入れが大変

・洗うと乾くまでに時間がかかるので予備が必要なため、コストがかかる

①まず、手の甲にリキッドファンデーションをワンプッシュして出します。

塗っていきながら、足りない分はその都度足していきましょう。

②リキッドファンデーション用のブラシは2種類ある。

簡単に綺麗に濡れるのは、左のブラシなので、今回は左のブラシをご紹介していきます。

③リキッドファンデーションをブラシでとる

ブラシでファンデーションをとる際に、くるくる筆を回しながらブラシ全体にファンデーションがつくようにとりましょう。

④ブラシの毛先が長いほうを上にして垂直に肌に当てファンデーションを頬・おでこの内側から外側へくるくる回すように伸ばしていく

先端が丸くなっているブラシでは、ファンデーションを塗る際くるくる丸を書いていくように塗っていくのが綺麗に塗るコツです。

⑤Tゾーン、額、顎にものせていき、全体に塗る

カバーしたいところや毛穴などは短い毛先を使ってファンデーションをはたき込む。小鼻周りも短い毛先でファンデーションをはたき込んでいく。

※ブラシのお手入れ方法

ブラシは常に清潔に保っておくのが鉄則です!メイクブラシは使ったその日から汚れていきます。ブラシの先が割れたら洗うようにしましょう。肌に負担をかける他、ブラシの消耗も早くなります!

ブラシ専用の洗浄液などがあるので、こまめに洗浄してくださいね!

【まとめ】

3パターン紹介してきましたが、どの塗り方でも慣れれば綺麗に塗ることができます。

ご自分にあった、方法を探して是非試してみてくださいね❤️

リキッドファンデーションは、厚く塗りすぎず薄く均等に塗っていくことが大切です◎

カバーしたいところは、コンシーラーを部分使いして薄づきの綺麗でナチュラルな肌を演出していきましょうね❤️❤️

次回は、チーク編です( ^ω^ )☀️

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

    • 3種類の結婚相手の選び方③

      こんにちは( ^ω^ ) 寒くて寒くて冬がやってきたという感じですね⛄️ 皆さんは風邪など引いていないですか? 私の旦那は心配性なので、なんともない時でも予防だと言って風邪薬を飲んでいます&#x1f6 […]

    • 誰かを幸せにしたいなら…💓

      以前話題だった、『逃げ恥』☺💓 そんな胸に突き刺さる逃げ恥シリーズ! ・ 自分が幸せじゃないと、自分のことでいっぱいいっぱいで他人のことなんて考えてる余裕ないですよね。 […]

    • 「おかげさま」の心❤️

      ・ ・ 夫が仕事にでて、働けるのは家で食事を作り、掃除をしてくれている妻のおかげ。 妻が家で食事をつくり、掃除ができるのは、外で働いてくれている夫のおかげ。 ・ 帰る家があることの幸せ。 おいしい食事 […]